ILLその後2 (DPS)

現在の案山子10回でこんくらい。だいぶファームも進んできました。
これは殴りAAの結果です。
無題1

AODで導入されたリフォージもあり、装備の見直しで頭が膿みそうです・・
リフォージを利用して詠唱速度の余剰をリカバリにまわしてみました。

キャスト100% リキャ75% リカバリ66% くらいの数字です。 

レイドで殴りながらさらにPETを維持するのは結構大変で、いつのまにかPETが死んでいることがあります。

そこで、遠隔に徹したAAを再考してみました。
ようは殴りをまったく捨てて、パーペチュアリティを取得し、あまったキャストを全部リカバリにつぎこむ。
そうするとこんな感じ。
キャストは58% リキャスト82% リカバリ72% くらいです。
(アレグロをもらうの前提ならば、ここまでリカバリはいりません・・・BRDGRPじゃないことが多いんです・・)

無題

一見、DPSおちてるやん!と思われる方いらっしゃるかと思いますが、PETも維持できて
さらに、インアウトする必要もなし。痛いDOTなどはPETにレスパイトをいれれば 割ともちます。

WIZさんなんかは、接近してスペルをいれることによってDPSを稼ぐ必要がありますが、
ILLは、AE小ダメージレンジから固定砲台的にスペルまわしていてもそうかわりません。
現在はスペルオートもありますからね。

● CORとILLでどちらがでるのか?といわれると ILLのほうがでるのかなあと思います。
編成上の問題もありますが、PETが遠隔攻撃してくれるのと、エンカウンタのDPSがすごいからです。
ヴルあたりだとうまくはまれば 30万近くのダメージをだすこともあります。(TRBUBT有りw)

ILLになる前はスペルを見る限り、ILLはエンカウンタDPSは弱そう・・・とおもっていましたが
全く逆でした。CORはエンカウンタのスペルを4つもってるのにもかかわらず、ILLは2つだけです。

それでも、エンカDPSがすごいのは、タイムワープとDOTについた追加ダメージが強いからです。
(もちろんシナジズムもありますが・・)

スペル回しは圧倒的にILLのほうが難しい。 というか繊細ってかんじです。
タイムワープ(TW)と ディストラクティブランペイジ(DR)・ピースオブマインド(POM)あたりがリキャがいっしょなんで
SETにまわしていますが、タイムワープの開始前に 

クロマティック・シャワーを詠唱はじめて開始と同時に着弾→カオス→シーオラムズ→PT→ビワルダメント
という流れが現在のオーダーですが、PT・ビワルダメントをここにあわせるのがむずかしく・・・。
ちょっとでもリキャのタイミングを逃すともうあわなくなります。
さらにリカバリをあげていくと、TW→DR→POM→クロマティック・シャワー着弾で始まっていたのが 少しフライング気味に・・
ただ、リカバリをあげると +デイドリーム +ブレインバーストまではいることもあります。

・実際レイドで ちょっとでもCCうけちゃったりしたら もとのサイクルにもどすのにクロマティック・シャワーの
リキャをみつつタイムワープをいれるタイミングをはかっていないと結構 スペルサイクルがぐちゃになります。

・さらに 追加ダメージをもっているDOTが4個 管理しなくちゃいけないDOTがそのうち2個 24秒効果時間と12秒効果時間。
さらにプリズマティックカオスもよくみてないと、消化しきっていなかったりで、予備の人にいれる用意も必要だったり・・・

・TWをリキャごとにいれればいいってわけもなく、一番DPSがでてほしい瞬間にいれるわけなんで、スクリプトを時間でしっかり把握しなければいけない・・

・極端な話 CORはメガマクロでもそこそこDPSでちゃいますが ILLはまず無理じゃないかな・・・
一部マクロだったらできるかも・・・て感じです。

・今後の課題は 近接AAでどれだけうまくPETを維持することができるか?です。

※次回は 殴りAA と 遠隔AA その共存についてです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

heebu

Author:heebu
頭はいつも隠しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR